FC2ブログ
15日大船渡から千田明梨さんファミリー、大曲からあきぽん親子がいらしてくださいました。

展示されている自分の作品をみたり、他の作家さんの作品を見たりして楽しんでくださいました。

あきぽんは、学生さんのリクエストにこたえて「やぎ」を描いてくれました。ワークショップコーナーにみんなのコメントと一緒に飾っています。どこにあるかさがしてみるのもおもしろいかも!

明梨さんのおねいちゃんに「おんちょろろ」のお話を、お父さんからは「みどり」に描かれているものについて教えていただきました。「みどり」よーくよーく見るとなななななんと文字が隠れているんです。「むかしむかしのことじゃった・・・」さーみなさんは見つけることができますかねー♪
明梨さんと記念写真
IMG_5580.jpg


今日は幼稚園児40人の来場がありました。

子どもたちはどんなふうに感じたんだろうなー 聞きたいけど、聞くのがもったいない気がするのでそっとしておきます(^-^)

毎日感動の「いのちのありか展」たくさんの方に見ていただきたい展示会です。どうぞお時間みつけていらしてください。

シンポジウムの申し込みもまだまだ受け付けています。
℡090-9539-5264
下の申し込みフォームまたはお電話でお願いいたします。

c79284ac5ebb31b8c7e341e8180fe125[1]







スポンサーサイト



いのちのありか展
ー生きる力がここに!ー


2012.7/14土〜7/22日 16日休館
午前9時~午後5時 (入館4時30分まで)観覧無料
ふくろう (600x800)
                                           鎌江 一美「ふくろう」

「第29回国民文化祭・あきた2014」応援事業
会 場:秋田公立美術工芸短期大学 大学開放センター アトリエももさだ
主 催:つちのあかりプロジェクト
後 援:秋田公立美術工芸短期大学 秋田県教育委員会 秋田市教育委員会
    秋田県社会福祉協議会 秋田市社会福祉協議会 秋田魁新報 NHK秋田放送局

お問い合わせ:つちのあかりプロジェクト(018-888-8108 担当 安藤)



本展に出品される作品は、専門的な美術教育を受けていない人たちによって、名声を目指すでもなく、文化潮流や伝統、流行などに一切とらわれることなく表現された作品で、一般に「アール・ブリュット/アウトサイダーアート」等と呼ばれています。
彼らは施設職員とのつながり、仲間とのつながりの中で、日々、自分の世界を自分のやりかたで表出させています。
これらはすぐれた芸術作品としての強度を持ち、わたしたちに「生きるとは?」「表現するとは?」という問いを突きつけます。
本展で、静かに激しく炸裂する「根源の力」に出会ってください。


関連イベント
①アート・ワークショップ
 日 時:「いのちのありか展」会期中いつでも
 会 場:アトリエももさだ
 参加費:無料
 対 象:どなたでもご参加いただけます。
     参加ご希望の方は直接会場にお越しください。

②シンポジウム
「いのちのありか展ー生きる力がここに!」
 
 日 時:2012年7月22日(日)(15:30受付開始)16:00~18:30
 会 場:アトリエももさだ
 参加費:無料
 参加をご希望の方は事前の申し込みが必要です。
 メールかお電話で下記連絡先にお申し込みください。
 つちのあかりプロジェクト 担当 高橋
 メール greentm39@yahoo.co.jp
   ℡ 090-9539-5264
c79284ac5ebb31b8c7e341e8180fe125[1]


プログラム 

16:00~16:45 山下完和氏(社会福祉法人やまなみ会 やまなみ工房施設長)講演
         「やまなみ物語~ボクの色、私のカタチ」
16:45~17:30 中津川 浩章氏(美術家/工房集アートディレクター)講演
         「表現すること・生きること」
17:40~18:30 座談会「つなぐ、開く、アート」
         ゲスト:梅田 耕 氏(川口太陽の家・工房集スタッフ)
             佐藤 裕子氏(NPО法人 逢い 副理事)
             村井 資 氏(るんびにい美術館 スタッフ)
             盛本 直美氏(岩手県立美術館 専門学芸員)



















はじめまして
「つちのあかりプロジェクト」

 美術と福祉。表現することとケアすること。この二つは共に、現代社会の中で豊かに生きる道をわたしたちに教えてくれるあかりのように感じられます。この、美術と福祉のこれからをここ、秋田の地で共に考えていきたい。
 そんな思いから、秋田公立美術工芸短期大学と秋田大学の学生有志が中心となって、2012年4月、「つちのあかりプロジェクト」を立ち上げます。
 今後、県内在住の、障がいがある方を中心としたすぐれた表現活動をご紹介する展覧会の企画や、福祉施設でのワークショップ開催など、障がいがある方もない方も、誰もが心からの笑顔になれるような活動をしていきたいと考えています。
 生まれたばかりの小さなプロジェクトです。
各方面の皆様に教えていただきながら、一歩一歩、活動を進めていきたいと思っております。
 ご支援、ご協力をよろしくお願い致します。



つちのあかりプロジェクト
代表 秋田公立美術工芸短期大学 助教 安藤 郁子